健康保険への加入KDDI健保の適用事業所に就職した人は、「被保険者」としてKDDI健保から給付を受けることができます。

POINT!

  • KDDI健保の適用事業所で働く方は被保険者となります
  • 就職した日(加入条件を満たした日)から退職した日まで加入します
  • 被保険者(本人)の収入で生活する扶養家族も加入できます

適用事業所で働く人は「被保険者」として加入します

  • 健康保険は事業所単位で加入しています。事業所に就職して一定の条件で働く人は、本人の意思にかかわらず、「被保険者」として健康保険に加入します。
  • 従業員数が501人以上の会社では、賃金が月額88,000円以上で週20時間以上勤務する人(1年以上継続して雇用される見込みで学生でない)も被保険者として健康保険に加入します。
    ※500人以下の会社でも労使合意があれば被保険者として加入します。

    ※社会保険の適用対象となる企業が段階的に拡大され、令和4年10月以降は従業員数101人以上の企業、令和6年10月以降は従業員数51人以上の企業が対象となります。

    ※令和4年10月からは2ヵ月を超える雇用の見込みがある人が対象となります。
  • ただし、2ヵ月以内の契約社員等、勤務形態により加入できない場合があります。

KDDI健保に加入すると

●保険証が交付されます
保険証を医療機関で提示すれば、医療費の一部を負担するだけで必要な医療が受けられます。

●保険料を納付します
保険料を計算するための標準報酬月額が決められ、給料から天引きで保険料を納めます。

資格は就職した日(加入条件を満たした日)から退職した日まで

  • 被保険者として加入することを「資格取得」、被保険者でなくなることを「資格喪失」といいます。被保険者の資格は就職した日(加入条件を満たした日)に取得し、退職・死亡した日の翌日および原則75歳になった当日に喪失します。
    ※75歳(寝たきり等の場合は65歳)以上の人は後期高齢者医療制度の被保険者になります。
  • 退職や死亡など定められた理由によるもの以外は、個人の意思で被保険者を脱退することはできません。
  • 退職して資格を喪失しても、被保険者として2ヵ月以上加入期間があれば、申し出により引き続き2年間「任意継続被保険者」として加入することができます。詳細は「任意継続被保険者」のページをご参照ください。
    任意継続被保険者
  • 退職してKDDI健保の被保険者の資格を喪失した方で、老齢厚生年金の受給資格があり、要件を満たしている場合は「特例退職被保険者」としてKDDI健保に加入できます。詳細は「特例退職被保険者」のページをご参照ください。
    特例退職被保険者

被保険者(本人)の収入で生活する扶養家族も加入できます

  • 被保険者(本人)の3親等以内の親族で、主として被保険者の収入で生活する扶養家族についても、KDDI健保の認定を受けて加入できます。詳細は「家族が増えたとき・減ったとき」のページをご参照ください。
    家族が増えたとき・減ったとき

top